トップ >> WEBプロデューサーのコラム> >>3 秒で関⼼をひけるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    

3 秒で関⼼をひけるか?

ホームページに訪れる方は3 秒でまず「みるかみないか」を決めます。
そのあと15 秒で「読み進めるか読み進めないか」を判断するので、
アクションを起こさせます。

つまり見た方に「3 秒以内に興味を惹き、15 秒で共感させ、申込みボタンを押させるホームページ」でないとこのホームページ飽和時代に戦うことは難しくなってきます。

私がいつも確認させて頂く「想い」「ベネフィット・メリット」「ターゲット」
の3 つをわかりやすくしっかり伝える必要があるということですね。

そのためにも最近痛感しているのが、シンプルコンセプトの大切さです。
「●●といえば▲▲」と一言でビジネスを表す言葉です。

夢を語る居酒屋といえば居酒屋てっぺん
行動展示 といえば 旭山動物園
リアクション芸人といえばダチョウ倶楽部・・・など

コンセプト・コピーがシンプルであればあるほど、記憶に残り、3 秒でアピールできます。
是非もう一度ホームページやビジネスを見直し、「○○といえばうちのサービス」と記憶に残る言葉を考えられてみてください。そしてそれをHP, 名刺、印刷物でブランディング戦略として使うとよいと思います。
ストーリーWEBブランディング入門の勧めストーリーブランディング戦略セッション
このページのトップへ