トップ >> WEBプロデューサーのコラム> >>ホームページは魔法の箱?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    

ホームページは魔法の箱?

ホームページやインターネットって一体なんでしょう?

よく皆さん、「ホームページはお客様を運んでくれる魔法の箱」だとお考えの方多いようです。
地方に住んでいる小さな商店でも全国からの注文を受けることが可能となりますので、
ある意味「魔法の箱」なのかもしれません。
しかし、それを「魔法の箱」とするかどうかは、実はホームページの運営次第なのです。

ホームページを作るというのは、小高い丘の上に「お城」をたてること、とお考えください。

しかしいくら立派なお城を建てても、「」がなければ、誰もたどりつかないのです。



そう、この「道」をどのように、そしてどれだけつくれるかが勝負なのです。


道のつくり方はいろいろあります。

(1) 検索エンジン(ヤフー・グーグル)で誰かがキーワードを検索したときに表示させる  

   これはグーグル様、ヤフー様という超セレブなお城からの道を引っ張ってくることになります。
   そう簡単ではありません(笑)

   そしてこれこそが、検索エンジン対策=SEO対策といわれるものなのです。

(2) リスティング広告やインターネット上の広告に出稿する

(3) ブログ、ミクシィ、Twitter、フェイスブックなどアクセスのあつまる所に記事を書く
  
(4) 他のサイトや登録サイトなどからのリンクをはってもらう

(5) インターネット以外で、チラシやカードを配り、URLを宣伝する


・・・と他にもたくさんありますが、これらが主な道の作り方=アクセスの集め方です。


つまり、ホームページをもつということは、

作成することは単なる序章であって、

公開してからの「道づくり=広告・宣伝・営業」が大変なことなのです。


なんて脅すつもりではなく(笑)、ホームページというものを科学的に客観的にマクロでとらえて

私なりの見解を交えながら、少しずつ書いていきたいと思います。

少しでも皆様の御理解の助けになれば幸いです♪








 



ストーリーWEBブランディング入門の勧めストーリーブランディング戦略セッション
このページのトップへ