トップ >> WEBプロデューサーのコラム> >>ホームページでどのページがみられているか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    

ホームページでどのページがみられているか?

こんにちは。WEB戦略プロデューサーの原です。


さて突然ですが、ホームページで一番よく見られるページは何でしょう?


ヒントはどのホームページにも共通のものです。
特集?コンセプト?売れ筋商品?・・・



答えは「プロフィール」です。



HPの原則として、一番注目されるゴールデンポイントは以下の通りと言われています。


1.人の顔の写真があるボタン

2.ページ上部ヘッダーの右

3.左メニューの一番上


ですから問合せボタンや特集など、絶対見てほしいものについては
上記のポイントにあわせて配備します。

しかしプロフィールは往々にしてそんな画策を施してないにも関わらず
多くの方が見るのです。


どうしてでしょう?


それは、やはり「どんな人がこのサイトを運営しているのか?」
を確認したいからですね。


いろんな講座を主催したり、物を売ったりされていて
ちょっと興味があったら、ユーザーは「プロフィール」で
どんな人がやっているのかを確認してから
さらに読み進むのかどうかを見極めているという傾向があります。


しかしホームページを作成している運営側は
コンセプトや主力商品のページに気合をいれても
プロフィールや会社概要ってそれほど考慮されていない方多いようです。


是非ご自身のプロフィールや会社概要、もう一度みていただいて、
「信頼・共感を得ているかどうか?」を客観的に判断されてみてください。


ちなみに・・・ブログにリンクされている方、
ブログもよく読まれています。


あまりにもおざなりな日記にしかすぎないと逆に興味を無くしますが、
もしそこにご自身のコンセプトに基づいたコメントや講座裏話などが
書かれているとぐぐっと親近感をもってもらいます。


また、話はかわりますが、雑誌社やマスコミの方は
最近は取材対象者をブログで探す傾向があるようです。

私は、ブログを書いていることで今まで雑誌とテレビ出演オファーをうけました。


たかが、一ページ、でもその一ページがお客様(ユーザー)の心を動かすか、
とても大事ですので、うまくホームページやブログを活用されてください。



ストーリーWEBブランディング入門の勧めストーリーブランディング戦略セッション
このページのトップへ
 前のページへ:ホームページで重要な3つの要素 次のページへ:個客⾏動を分析せよ